• 健康経営アドバイザー
  • 2020.05.04

健康経営アドバイザーの役割と企業にとっての存在意義

目次

健康経営アドバイザーを活用して自社の健康経営を一歩前に進ませよう

東京商工会議所が認定している健康経営アドバイザーは、これから健康経営を始めようとしている企業や維持しようとしている企業にアドバイスをする大切な役割があります。この項目では、健康経営アドバイザーの認定についてから、実際にどういったことをするのかまでお伝えしていきます。

健康経営アドバイザーになるためには

健康経営アドバイザー健康経営アドバイザーになるためには、東京商工会議所で認定してもらう必要があります。現在は「健康経営アドバイザー」と「健康経営エキスパートアドバイザー」の二種類があり、後者が上級認定です。

東京商工会議所にて申し込みをしたのち、研修を受けて(Eラーニングも可)から、それに対するテストを受けます。70%の成果率があれば合格となり、認定証が発行されます。受講料は税込8800円で2年更新です。認定後、2年が過ぎると再び受講する必要があるので、健康アドバイザーは2年ごとに新しい情報を勉強しているという事になります。

健康経営アドバイザーの必要性

健康経営アドバイザーの必要性健康経営アドバイザーは、経済産業省からの委託を受けて2016年に誕生しました。健康経営を世の中の企業に広めていくためには必要な存在です。

現段階で健康経営を始めたいと思っている企業があったとしても、それをサポートする職種がないからです。産業医や健保等の専門職に就いている人たちは、健康についてのアドバイスはできても、健康経営についてのアドバイスとなると少し違ってきます。「健康」「経営」のどちらもプラスになるような見方ができるのは、やはり健康系アドバイザーしかいないのです。

各企業における健康経営アドバイザーの役割とは

健康経営アドバイザーの役割健康経営優良法人に認定されるためには、様々な細かい事柄をクリアしていく必要があります。この先日本では、健康経営を行う企業がさらに増えていくでしょう。ですが、これまで健康経営を行って来なかった企業にとっては、どうすればいいのかがわからないというのが正直なところです。

そこで出てくるのが「健康経営アドバイザー」

健康経営にかかわる応用的な知識
・企業における健康課題とその原因、業種・職種特性、具体的な取り組み方法

健康経営の具体的な実践支援のための助言・提案力
・課題抽出、取組提案、取組計画づくり、PDCA

という事についてアドバイスをすることができるので、これから健康経営を行おうとしている企業にとってはとても心強い存在となります。

例えば、社内の従業員に健康経営アドバイザーの資格を取らせた場合、その人物を健康経営の中心に配置すれば、その人が自社の健康経営に足りないものを的確にアドバイスするという役割を担わせることができます。
さらに、健康経営アドバイザーだけではなく、上級職の健康経営エキスパートアドバイザーの認定証まで取らせることができれば、自社内での健康経営がひと段落した後で、その人を他社へ派遣したり、講演会を開かせたりして、他社の健康経営のお手伝いをさせることも可能です。

また、社内の従業員に健康経営アドバイザーの資格を取らせるのが難しい場合は、コンサル業を行っている人の中にも健康経営アドバイザーの資格を持っている人がいますので、その人に中に入っていただき、一緒に健康経営について考えるということができます。

健康経営にかかわる問題は、企業ごとに異なっているのが常です。A社ではこれで成功をしたから、うちも同じようにしようという考えでは成功させることが難しいということを覚えておきましょう。
また営業所をいくつも持っている企業の場合は、営業所ごとに別の課題をはらんでいることもあるので、その辺りも健康経営アドバイザーに相談をすることをおすすめします。

健康経営アドバイザーはこれからも求められていく存在

健康経営エキスパートアドバイザー健康経営アドバイザーは、健康経営を行おうとしている企業の社員に認定を取らせて健康経営アドバイザーを囲い込んでもいいですし、コンサルタントをしている人が認定証を持っていることもあるので、その人たちにアドバイスをもらうこともできます。

またさらに、健康経営エキスパートアドバイザーになると、
・健康経営の取組を支援するコンサルタントとして
・社内で健康経営を推進するリーダーとして
・健康経営の普及・推進のためのセミナー・講演会などの講師として
・ヘルスケア関連サービス等の提供を通じた健康経営の推進者として
というような動きもできるようになります。

健康経営優良法人になることを目指しているのであれば、ぜひ一度健康経営アドバイザー(健康経営エキスパートアドバイザー)に相談をしてみてはいかがでしょうか?

関連コラム

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。