• ヘルスケア
  • 2020.10.20

企業がヘルスケアツールを作り出している理由とは

目次

これから健康経営を簡単に始めるならヘルスケアツール

健康経営をゼロから始めるとなるとどうしてもハードルが高いと考える企業が多いようです。これまでの経営の仕方とは違うため、戸惑ってしまうのもわかります。ですが、世の中は新型コロナウイルスのせいもあり、経営者だけではなく一般の人も「健康」に特に興味を持つようになりました。

働いている本人が「健康」に対して無頓着であっても、家族が「健康」に対して興味を持っているなら、健康に重きを置いているところで働いてほしいと言うのは当然のことでしょう。会社で働いている時も、コロナ対策はしっかりしているのか、それ以外の環境はどうなっているのかと、以前よりも家族からのチェックが厳しくなっています。

そんな中で健康経営は費用が掛かりすぎるし、どうすればいいかわからないから後回しでもいいと思いますか?
同業の企業が健康経営を始めていて、自分の会社だけが取り残されてしまったらどうなるでしょうか?

そろそろ本気で健康経営を考える時期に来ています。

迷う前にヘルスケアツールで基盤を作ってしまう

ヘルスケアツール健康経営を始めるにあたって、経営者が一番悩むのが、どうやって「健康」に重きを置いた経営を始めればいいのかというところです。今までは資本主義の経営の仕方が主流だったので、これまでの経営の方法なら理解していても、健康経営となると途端にわからなくなってしまうという方が多くいます。ですが、健康経営も資本主義でもできる経営方法です。健康経営をしていても、ちゃんと売上を伸ばすことはできます。

ただ健康経営というのが、ここ数年で一気に広がってきた考え方のため、まだまだ日本の国で行う健康経営の正解というのが見つけられていません。各々が、これが正解かなと思いながら思考錯誤で健康経営を行っている段階と言ってもいいでしょう。

そんな健康経営未経験者の経営者におすすめなのが、各企業が作っているヘルスケアツールです。右も左もわからないなら、まずは既存のヘルスケアツールを使って、自社で何が足りていないのかを測ってみましょう。ヘルスケアツールを導入することで、一応の健康経営は行えるようになります。

ヘルスケアツールはそれ単体だけでは産まれていない

ヘルスケアツール 活用経営者によっては、ヘルスケアツールが、そんなにたくさんの種類があると知らない方もいるかもしれません。なぜなら、ヘルスケアツールに注目が浴びているのもここ最近のことだからです。

昔からヘルスケアツールは存在していましたが、それは個人をお客さんとして作られたものです。企業をお客さんと考えて作られたものではありません。それが、今では企業を対象としたヘルスケアツールが多く存在しています。

これはなぜだと思いますか?

ヘルスケアツールを作っている企業は、ほとんどが自社でも健康経営を行っている会社です。健康経営を試行錯誤しながら行っていった結果、対外的にも発表できるようなヘルスケアツールが生まれたのです。つまり、ヘルスケアツールは元々自社の社員たちの健康を考えて作られたツールということです。

自社の社員が被験者となってより良いものに改造されている

健康経営用ツール自社の社員のために作られた健康経営用のツールは、初めから成功していたとは言えません。自社内で健康経営を浸透させるために、社員たちに自社開発をしたツールを使ってもらい、足らないものや不必要なものを確認しながら作り上げていったものです。だからこそ、自社のカラーがよく出ているヘルスケアツールが出来上がったのだと言えます。

こうして作られたヘルスケアツールは、自社で使うだけではなく他社にも使ってもらおうとツールを売り出します。ツールの使用量を得ようという考えもあるかもしれませんが、健康経営を試行錯誤で行ってきた企業であれば、健康経営を始めるのにも苦労をした経験がすでにあるという見方もできます。その時に、こういったツールがあれば健康経営がしやすいのではないかという思いも込めて、ヘルスケアツールが増えていっているのではないでしょうか?

これからの時代に生き残る企業になりたいなら

これからの時代を生き残るには、「健康」を無視した企業には難しくなっていきます。社員が資本であり、社員を健康にしたり、やる気を出させたりするのは企業の役目です。そして、それができる経営の仕方が「健康経営」。

健康経営のハードルが高いと思っているなら、やはりまずはヘルスケアツールを導入してみてはいかがでしょうか?そして、健康経営のノウハウができてきたら、今度は自社でもヘルスケアツールを開発して、自社ならではのものを生み出す。そうやって循環していけば、日本にある多くの企業が健康経営を始められるようになるでしょう。

関連コラム

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。