• 採用活動
  • 2020.10.19

これからの新卒者・転職者が選ぶ企業になるために

目次

新卒者・転職者が企業を見るときに何を基準にしているのか

いつの時代も新卒者や即戦力になる優秀な人材は大手企業を選び、中小企業への入社率が低いと思っていませんか。福利厚生や給料面を見れば、大手企業の方へ流れてしまうのも仕方ないのかもしれません。

ですが、そもそも中小企業の場合、新卒者・転職者が選ばないのは、認知度のせいという場合もあります。認知度を上げるには広告費をかける必要が出てきますが、そんなにお金をかけられないというのも正直なところですよね。

会社の利益を上げたり、これからの発展を望んだりするなら、認知度を上げつつ新卒者や即戦力になる優秀な人材が望むものを提供できる企業になるにはどうすればいいのかをご紹介します。

恐れているのは新型コロナウイルスだけではない

コロナウイルス2020年は新型コロナウイルスの影響を、ほとんどの業界が受けました。海外と取引をしている会社は特に物が届かなくなったり、経営が難しくなったというところもあるでしょう。
そして会社内では働き方改革を余儀なく進められ、テレワークの導入が一層すすんだところもあります。

ですが、働き手からすると一番怖いのは、通勤途中で感染の危険性があったり、社内で感染の危険性があったりすることです。また、コロナが流行り始めてから自分の身体への関心も高まりました。

たとえ普段、身体のメンテナンスを行っている人であっても、仕事中に自分の身体のことを考えていたという人は、それほどいません。身体のメンテナンスはプライベートな時間に行うものであって、勤務時間中に行うものではないという風習があったからです。

それが今では、勤務中、通勤中に自分の身体のことを考える働き手が増えてきました。これは、新型コロナウイルスを恐れているというのもありますが、それだけではありません。自分の健康そのものに目が向き始めているのです。

今、働き手が求めているもの

健康 意識2020年に入ってからより顕著になってきたのは、働き手が求めているものが変わってきたということです。2019年までは、まだ働き手も福利厚生がよく給料がよく待遇のいい所を求めていましたが、今は違います。

働き手が求めているのは、自分の健康を考えてくれる会社です。勤務時間中というのは、個人の心がけだけではどうにもならないところがあります。もちろん、会社だけが健康を考えてもうまくいきません。会社と個人の両方が意識するようになって初めて、勤務中でも健康を意識した働き方ができるようになります。

そして今、そういった働き方を働き手は会社に求めています。この働き方を実現するためにはどうすればいいのでしょうか?
実はそれが、健康経営なのです。

健康経営は働き手が働きたくなる職場づくりができる

社員 健康経営健康経営という言葉が日本でも聞くようになってから数年が経ちました。経営者や人事を担当している人であれば、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

ただ聞いたことがあっても、健康と経営を結び付けた考え方がいまいち理解できなかったり、自社で取り入れるのは難しいと判断したりして、後回しにしている会社も多いと思います。

ですが、今世の中で求められている職場づくりを行うのなら、健康経営を行うべきです。健康経営には決まった形はありません。会社ごとにカラーがあり、各々が独自の方法で健康経営を成り立たせています。もちろん、初めはどこかの会社の健康経営を真似するだけでもいいでしょうし、誰かに相談をしてその通りに行ってみるのもいいでしょう。そうやって行っていくうちに、うちだったらこういった形でも健康経営ができるんじゃないかというのが見えてきます。

そして健康のために会社側が奮闘していけば、そこは今の働き手が働きたくなる職場へと変わっていきます。働きたくなる場所になれば、働き手の離職率は下がりますし、働き手の紹介で求人が増えてくるということも。
経営者や人事が働き手に合わせて経営方法を変えるという考え方は今まではなかったかもしれませんが、これからはそういう時代になってきています。

優秀な人を狙っているなら健康経営を

経営者や人事担当が採用を行う上で一番欲しいと思っているのは、優秀な人材、若い人材の二つではないでしょうか。ですが、優秀な人材であればあるほど、今の時代は自分の健康を意識しています。

A社とB社があり、A社は給料面など待遇はいいけどこれまでの経営を行っているところ、B社は給料面が少し落ちるけど健康経営をしっかり行っているところであれば、優秀な人材は迷わずにB社を選ぶでしょう。

健康経営を行っている会社の社員たちは生き生きと働いているというのを知っているからです。

健康経営には色々な良い側面があります。それがどんなものなのか知るために、そして優秀な人材を得るためにも健康経営を始めてみてください。

関連コラム

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。