月経困難症

読み:げっけいこんなんしょう

月経期間中に下腹部や腰痛などの疼痛症状が発現する病的症状のことで、月経終了後に症状が消失または軽減するものです。月経困難症には、原因疾患を有しない機能性月経困難症と原因疾患を有する器質性月経困難症の下記2種類に分類されます。
◆機能性月経困難症
子宮や卵巣に特に異常がないのに症状がでるもので、原因がはっきりせず、一般的に月経開始から2日間の症状が重く、また加齢に伴い症状が次第に軽くなるのか特徴です。
◆器質性月経困難症
子宮や卵巣そのものに異常があり、子宮内膜症、子宮筋腫、骨盤内の炎症や癒着などが原因で、一般的には初経後4~5年以上経過して発症し、月経期間中ずっと、強い苦痛が続き、加齢に伴い次第に悪化するなどが特徴です。"

用語集

「か行」関連コラム

「さ行」関連コラム

「た行」関連コラム

「は行」関連コラム

「や行」関連コラム

「ら行」関連コラム

「わ行」関連コラム

健康経営優良法人 認証企業をご紹介します
詳細画面では、企業単位の取組や認証の評価項目を見る事が出来ます。
問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。