睡眠12箇条

読み:すいみん12かじょう

厚生労働省が2014年3月に発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」にて睡眠に関する科学的根拠をふまえ、具体的な生活に活かせるようにライフステージ・ライフスタイル別に記載されている指針の内容です。良質な睡眠の重要性、睡眠と心身の健康との関係性について、考え方や知識、具体的な実践方法などを睡眠12箇条として発表しております。

【睡眠12箇条】
1、よい睡眠で、身体も心も健康に。
2、適度な運動、しっかり朝食、眠りと目覚めにメリハリを。
3、よい睡眠は、生活習慣病予防につながります。
4、睡眠による休養感は、心の健康に重要です。
5、年齢や季節に応じて、昼間の眠気で困らない程度の睡眠を。
6、‎よい睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7、若者世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ
8、勤労世代の疲労回復・能力アップに、毎日十分な睡眠を
9、熟年世代は朝晩メリハリ、昼間に適度な運動でよい睡眠
10、眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない
11、いつもと違う睡眠には、要注意
12、眠れない、その苦しみを抱えずに、専門家に相談を

用語集

「か行」関連コラム

「さ行」関連コラム

「た行」関連コラム

「は行」関連コラム

「や行」関連コラム

「ら行」関連コラム

「わ行」関連コラム

健康経営優良法人 認証企業をご紹介します
詳細画面では、企業単位の取組や認証の評価項目を見る事が出来ます。
問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。