特定保健指導

読み:とくていほけんしどう

現在日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳 から74歳のすべての被保険者・被扶養者を対象に行い、健診項目に腹囲の計測が新たに加わり、メタボリックシンドロームの該当者及び予備群を減少させることを目的として実施いたします。これを特定健康診査「特定健診 」といいます。この特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートを健康保険組合が実施します。これを「特定保健指導 」といいます。

用語集

「か行」関連コラム

「さ行」関連コラム

「た行」関連コラム

「は行」関連コラム

「や行」関連コラム

「ら行」関連コラム

「わ行」関連コラム

健康経営優良法人 認証企業をご紹介します
詳細画面では、企業単位の取組や認証の評価項目を見る事が出来ます。
問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。