• 就職/転職
  • 2019.09.28

働きやすい職場はメリット大!自分に合った求人を探す方法

目次

働きやすい職場環境とは

働きやすい職場一言に働きやすい職場環境と言っても、その感覚は人によって様々です。例えば多くの人とコミュニケーションを取る職場が働きやすいと思う人もいれば、1人で黙々と仕事をこなすような職場が働きやすいと思う人もいるからです。
しかし、一般的にこういう職場が働きやすいという共通の認識はあるでしょう。そこでここでは、一般的にどのような職場環境が働きやすいと感じられるのか解説していきます。

働きやすい職場がもたらすメリット 

働きやすい職場がもたらすメリットは、以下のようなものが考えられます。

  • コミュニケーションを取りやすい
  • 協力し合える雰囲気ができる
  • 各々が積極的に仕事に取り組める
  • 仕事に責任感が湧いてくる
  • 多様な働き方が認められる

働きやすい職場は、人間関係が良好です。コミュニケーションを取りやすく、お互いをフォローし合う雰囲気ができあがります。フォローする態勢があることから、新人などの若い人も仕事を任されるようになり、責任を持って仕事に取り組むことができるようになります。仕事が正当に評価されることで、仕事に積極的になる人も増えます。職場が働きやすいと、仕事に誇りを持って取り組むことができるようになるのです。
また、休暇や福利厚生が整うことにより、短時間勤務や在宅勤務など、多様な働き方が認められるというメリットもあります。特に育児や介護と仕事を両立したい人にとっては、働きやすい職場環境であることは、重要なことであると言えるでしょう。

働きやすい職場の特徴ランキング

それでは、働きやすい職場環境とは、一体どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、働きやすい職場の特徴ランキングをご紹介します。

1位:人間関係や社内の雰囲気が良好
働きやすい職場の1番の特徴は、人間関係や社内の雰囲気が良好であるということです。それだけ労働者にとって、職場の人間関係や雰囲気は大事なものなのです。
職場の人間関係がいいと、コミュニケーションが取りやすく、スムーズな連携を取ることができるようになります。また、周りの目を気にして積極的に業務に取り組むことができないということがないので、働きやすいと感じるようになります。

2位:業務量が適正である
自分の力に適した業務量でないと、残業が増えて仕事に追われ、ストレスが溜まるというデメリットが生じます。業務量が適正だとそのようなデメリットは生じませんし、自分で工夫をして仕事に取り組む精神的余裕が生まれ、働きやすいと感じるようになるのです。

3位:休暇がとりやすい
ライフワークバランスの観点や過労死のリスクを考えると、休暇が取りやすいということは重要です。また、子供の病気などで急に休みが取りたいときに、気軽に休むことができるということは大きなメリットであると言えます。
ライフワークバランスを大切にしたい人や、育児に追われているという人にとっては影響力がある特徴だということがわかります。

4位:意見や意思の主張がしやすい、風通しが良い
自分の意見を言うことができないトップダウン型の職場だと、上の言うことにただ従うような働き方になり、働きがいを感じることができなくなってしまいます。自分の意見を主張できる職場だと、積極的に意見を言う気になれますし、自分で考えて仕事をしようと思うようになるというメリットがあります。

その他:休日労働がない
これもライフワークバランスや過労死のリスクを考えると、休日労働がないことが働きやすい職場につながることがわかります。予定を組みやすく、オンとオフのメリハリをつけることができるというメリットがあります。

働きやすい職場にするには

女性の働きやすさそれでは、働きやすい職場を実現するためには、一体どのような取組をすればいいのでしょうか。そこでここでは、働きやすい職場を実現するためにできることをご紹介します。

女性の働きやすさが問題視されている

女性の2人に1人が働きにくさを感じるなど、女性の働きやすさが問題視されているという現状があります。
出産や結婚後の待遇や、給与格差、任される仕事に差があるなど、女性が不利を感じることはとても多いです。また、ハラスメントに悩まされる人もいることでしょう。
このような現状から、働きやすい職場にするためには、女性が安心して働ける職場作りをする必要があることがわかります。
女性が出産、結婚してからも職場に復帰できるように育休制度や短時間勤務制度などの支援を充実させることや、男性社員の差別意識の改善、ハラスメントの防止策を講じつつ対応窓口の設置といった環境を整えることで、女性も働きやすい職場を作ることが可能になります。

みんなが働きやすい職場にするための取組

みんなが働きやすい職場にするためには、人間関係の改善が必要です。上司や部下も関係なくコミュニケーションを取れるような雰囲気作りをするといいでしょう。特に上司が威圧的な環境は働きにくさにつながるので、上司には高いマネジメント能力と、積極的に発言できるように配慮することが求められています。
また、企業は有給休暇取得100%を目指し、社員が権利を行使して気軽に休める環境を提供することで、働きやすさを生むことができます。一部の社員に負担が大きくかかる状況や、社員が休みたいのに休めないという状況は避けなければなりません。
ITツールを導入するなどし、無駄をなくして業務を効率化すれば、仕事に余裕ができて働きやすさにつながります。企業は、休日労働や残業をなくし、時間内で効率的に業務に取り組むためのシステム作りをする必要があるのです。

働きやすい職場の求人の探し方

求人探し方今の会社では働きやすい職場環境を作ることは難しいという方のために、働きやすい職場の求人の探し方をご紹介します。
まずは、自分にとって働きやすい職場とはどういう職場なのか、紙に書き出してみてください。

  • 年収
  • 人間関係
  • 休日
  • 福利厚生
  • 必要なスキル
  • 自分がやりたいこと

など、自分にとって大事な項目があることでしょう。自分で思いつくだけ書き出してみて、それが本当に必要なことなのかどうか考えてみてください。その上で働きやすい職場を探すためには必要だと思うなら、残った条件を元にして転職先を探すことになります。
次に条件検索などを利用して、求人サイトで実際の求人を探してください。また、転職エージェントに希望を伝えて相談しながら転職先を決めるという方法でもいいでしょう。実際に転職先候補が働きやすい職場なのかどうかは、エージェントに詳しく聞くか、口コミサイトを利用して情報を集めることをおすすめします。
まずは自分にとっての働きやすい職場を考えること、その上でサイトやエージェントなどを使って求人先を見つけることが、働きやすい職場を見つけるための方法です。

まとめ

働きやすい職場は、人間関係や雰囲気が良好で、休暇や福利厚生が充実しているという特徴があります。働きやすい職場で働くことで、責任感を持って積極的に仕事に取り組むことができます。多様な働き方が認められているので、自分の事情に合わせた働き方を選択することができるでしょう。
今の会社が働きにくいと感じる人は、働きやすい転職先を探してみましょう。今回ご紹介した内容を参考にして、自分にとって最高の働きやすい職場を見つけてください。


関連コラム

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。