• 健康経営
  • 2022.06.21

20代が抱える仕事の悩み5選!よくある悩みと具体的な解決方法をご紹介

困るスーツ姿の男女
目次

「希望を持って仕事を始めたけれど、現実は厳しくて悩んでばかりいる」このように感じている20代の人は多いのではないでしょうか? 仕事の悩みが原因で、今まさに「辞めたい」と思っている人もいるでしょう。

この記事では、20代の人が抱える仕事の悩みや解決方法をご紹介します。 仕事の悩みから抜け出し、元気で働くための助けになれば幸いです。

20代のよくある仕事の悩み5選

困った男性

悩み①仕事が覚えられず、ミスを繰り返す

働き始めのころは、慣れない仕事がほとんどでミスをしてしまう人も多いでしょう。同じミスを繰り返して怒られる場合もあります。一度教わっても覚えられず、何度も質問してしまい、申し訳なさを感じる人もいるのではないでしょうか。

また、仕事には期限があるので、マイペースに進めることはできません。その分焦ってしまい、さらにミスを繰り返すという悪循環になりやすくなります。

悩み②人間関係が辛い

仕事の悩みの大半は人間関係と言われています。

学生時代は、クラスメートや先輩後輩など、付き合う年代も限定されていました。しかし社会人になると、さまざまな年代の人と接することになります。上司や先輩、取引先とどう接したらいいのか分からない人もいるでしょう。

また、上司や先輩が近寄りがたい・厳しく指導されるのが辛いという悩みも出てきます。厳しい指導を超えて、パワハラや無視、嫌がらせを受けている人もいるのが現状です。

悩み③同期との差が気になる

同期入社の社員は、仕事の悩みを相談したり、励ましあったりできる存在です。しかし、勤続年数を重ねるにつれて、評価に差が出てしまい、仕事内容や仕事量が変わってくるということもあります。

「同期が自分より先に重要な仕事を任された」といったことがあると、焦りや劣等感を感じる人もいるでしょう。

悩み④給与が少ない

働き始めの頃は基本的に基本給が少ないです。なかなか仕事が終わらず残業続きなのに、残業代は少ないといった状況もあるでしょう。

「あの人は自分より給与が高い」と他の人と比較して、不満を持っている20代もなかにはいます。給与に100%満足している20代はほとんどいないと言っても過言ではありません。

悩み⑤同じ会社・仕事を続けるべきか

「ずっと同じ会社にいると、自分の市場価値がわからない」・「同じ仕事を続けていると新鮮さに欠ける」と悩む人もいます。

このような悩みは、仕事に慣れてきた20代後半の人に多いです。こういった悩みから転職を考える人も出てきます。

20代の仕事の悩みの具体的な解決方法

アンサー 0091

悩み①の解決方法:仕事のスケジュールを確認し、優先順位を決める

どんな仕事にも期限があります。期限に間に合うように、仕事のスケジュールを確認して、優先順位を決めましょう。 

仕事内容については、しっかりメモを取り、教わった通りに行います。それでも仕事が大変で追いつかない場合は、上司や先輩に相談しましょう。

悩み②の解決方法:誰かに相談する

人間関係で悩んでいる人は、家族や社外の友人など心を許せる人に相談してみましょう。会社の人間関係に関しては、社内の人に話さない方が無難です。

また、パワハラや嫌がらせなどでメンタルが不調なときは、「よりそいホットライン」や「こころの健康相談統一ダイヤル」といった、公的機関での相談をおすすめします。

悩み③の解決方法:比べる対象は過去の自分

同期入社の人や同年代の人がいると、ついつい自分と比べてしまうのではないでしょうか。しかし他人と比べ続けると、気持ちが一喜一憂してしまい、仕事に集中できなくなる可能性が大きいです。

比べる対象は他の人ではなく「過去の自分」にしましょう。その方が、自分の成長具合を実感できます。

「人は人、自分は自分」と割り切り、自分の仕事に集中することが大切です。

悩み④の解決方法:評価制度をきちんと把握する

どうしたら昇給するかを考える前に、勤務先の評価制度を把握しておきましょう。

評価制度を理解し、粛々と仕事を進めてもなお昇給が難しい場合もあります。そのようなときは、すぐに給与アップが見込める会社に転職するのも1つの方法です。

悩み⑤の解決方法:別の部署・職種への異動希望を出す

今やっている仕事にマンネリしているときは、別の部署に異動願いを出すのもよいでしょう。

もし副業OKな会社なら、やりたいことは業務時間外で取り組むという方法もあります。勤務先の就業規則を事前に確認しておくと安心です。

仕事に行き詰ったら転職も検討しよう

CHANGE ステップアップする矢印と手

20代の転職は珍しくない

「人間関係に行き詰ってしまった」・「どうしても仕事にやりがいを見い出せない」という状況であれば、転職を検討しましょう。転職を「逃げ」と捉える人もいますが、「逃げ」ではなく「前進」と考えることをおすすめします。入社後3年未満の人は第二新卒とも呼ばれ、転職する人も珍しくありません。

20代は比較的転職しやすい

20代は、仕事内容や転職先の選択肢が多いため、比較的転職しやすい年代です。

20代前半は、社会人基礎力やビジネスマナーなどのポテンシャル(潜在能力)が評価されます。20代後半は、今までの社会人経験で培ったスキルやマネジメント能力などが評価されます。

どちらにしても、20代は年齢が原因で転職できないという事態が少ないです。

転職を考えたら転職エージェントに登録してみよう

転職を考えたとき、最初に行うとよいのが転職エージェントへの登録です。転職エージェントに登録すると、企業紹介・応募書類の指導・面接対策など、さまざまなサポートを受けられます。

「ハタラクティブ」・「ウズキャリ」など20代向け・第二新卒向けの転職エージェントもあるので、登録してみるとよいでしょう。

仕事の悩み解決方法は色々ある。自分に合った方法で悩みを解決しよう

仕事を覚える努力を続け、人と比べずに働き続けることも大切ですが、悩み続けてメンタルが低下してきた場合は、転職を検討しましょう。転職先は、健康経営を推進している企業がおすすめです。 健康経営を導入している会社なら、社員が健康に働ける環境を整えていることが多く、社員の満足度が高いとされています。

転職エージェントに登録して相談する際も、健康経営を推進している企業を希望していると伝えてみてはいかがでしょうか?

関連マガジン

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。