• 就職/転職
  • 2022.06.27

女性が使うべき転職エージェント13選!20代・30代・40代と年齢別におすすめをご紹介

転職の紙を持った女性
目次

最近は働き方改革を進める動きがさかんな風潮があります。それぞれの企業が労働環境の改善に取り組んでいますが、中にはあまり改善が見込めない企業もあるでしょう。

特に女性は出産などでライフステージが変わるにつれて、働き方も変化させる必要があります。自身のワークライフバランスを整えるために、働きやすい環境が整った企業に転職するのがおすすめです。

今回は、転職活動をより良いものにするために必要な転職エージェントについてご紹介します。

20~30代女性におすすめの転職エージェント会社8選

リクルートの素材

20~30代女性の転職は、キャリアチェンジやキャリアアップ、労働環境を良くしたいなどさまざまなきっかけがあります。結婚や出産も見据えて働きやすい企業への転職を希望する女性も多いでしょう。

ここでは、20~30代女性が利用すべき転職エージェントついて10社紹介します。

1. パソナキャリア

パソナキャリアは、女性が活躍できる求人情報を非常に多く取り揃えています。 2021年9月の時点で3,145件を扱っており、全体の80%が非公開求人です。

女性キャリアアドバイザーも多く在籍しており、女性の転職支援に積極的に取り組んでいます。女性のキャリア形成や活躍しに特化した専門チームのサポートもあり、女性の転職に関して非常に豊富な実績があるのもおすすめポイントです。

2. マイナビエージェント(女性の転職)

マイナビエージェント(女性の転職)は女性の転職支援を得意としており、マイナビエージェントとは違い女性の転職者をターゲットにしています。キャリアアップをしたい人やワークライフバランスを大切に働きたい人にいいサービスでしょう。

キャリアアドバイザーはさまざまな業界と深く関わっており、女性の管理職登用や育休・産休制度、残業時間など女性が気になる内部事情に詳しいこともおすすめする理由の一つです。

3. type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは20~30代の女性をメインターゲットにしています。女性向け正社員求人に特化しているのが特徴で、首都圏などの都市部の求人を中心に扱っています。そのため、都市部に住んでいる20~30代女性におすすめでしょう。

また、利用者の71%ほどが転職時に年収アップしています。キャリアアドバイザーも女性のため、男性アドバイザーには話しにくい悩みなども相談しやすいと利用者から好評です。

4. リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数が圧倒的に多く、管理・事務職などの女性に人気の求人を10,000件以上保有しています。また、幅広い職種・業界の求人があるため、キャリアチェンジをしたり転職を通して視野を広げたりしたい人におすすめです。

また企業の内部事情にも詳しく、利用者からは書面上からは分からない事情についても知れたと好評です。

5. doda

dodaは地方求人も多く、求人数は業界トップクラスを誇ります。家族の転勤都合などで地方で転職活動をする必要がある人もdodaは利用しやすいでしょう。履歴書や職務履歴書の丁寧な添削や、面接対策などの手厚いサポートもあり、電通バズリーチの調査によれば転職者の満足度はNo.1のようです。

転職サイトと一体型で、キャリアアドバイザーに相談せず自分のペースで転職をしたい方にもdodaはおすすめです。

6. ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験から正社員を目指す若者をターゲットにした転職エージェントです。フリーター・既卒・第二新卒などキャリアに自信の無い転職者を多数採用に導いています。正社員内定率は80.4%と非常に高く、支援実績は6万人以上にのぼります。

紹介している企業はハタラクティブが実際に訪問して調査した中で厳選した優良企業のみです。未経験職種に飛び込む不安がある人はハタラクティブを利用するのがいいでしょう。

7. ウズキャリ

ウズキャリも20代の若年層をターゲットに転職サポートを行っています。20代であれば職歴は3年以下でも手厚いサポートが受けられ、求人ごとに面接内容を変えて練習してくれます。

書類選考通過率は87%と高く、履歴書を書くのが苦手な人も面接までこぎつけられるでしょう。内定率は86%で、ブラック企業の求人を排除しているため定着率も93%と高い実績です。

8. JAIC(ジェイック)

JAICは主に20代の若手を対象に4つの転職支援サービスを展開しています。その中の女性に特化している女子カレッジは20代女性限定で、書類選考なしで希望の業界・業種を紹介してくれるのが特徴です。

産休・育休など、女性が働きやすい環境が整っている求人が豊富にあります。女性に特化した6日間の無料就職講座などのサポートもあるため、正社員を目指す人におすすめでしょう。

40代女性におすすめの転職エージェント5選

ガッツポーズの女性

40代以降は社会人経験もある程度あり、即戦力として採用される場合が多いでしょう。若手に比べて求人数も少ないため、難易度も高くなる傾向にあります。転職エージェントを積極的に利用しましょう。

1. レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニア業界に特化した転職エージェントです。初回提案内定率は90%と高く、IT業界出身のキャリアアドバイザーが多く在籍しています。

年に3,000回以上企業に出向き、現場の声を聞き取るため提案時には企業内部まで詳しく知ることができます。また、担当者とはLINEで気軽に相談できたり、書類選考や面接対策も対応するなど手厚いサポートもおすすめポイントの1つです。

2. リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手で求人数の多さも圧倒的です。さまざまな業界・業種の求人があるため、見聞を広げる意味でも一度利用してみることをおすすめします。 1つの業界・業種にこだわっていた人も、思わぬ好条件の新しい職種に出会える可能性があります。

40代利用者からの評判も高いため、利用してみるのがおすすめです。

3. type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、若年層だけでなく40代の中高年層の女性にも対応しています。35歳以上をターゲットにした転職ノウハウについても紹介しているため、気になる人はチェックするといいでしょう。

女性に特化しているだけあって、子育てしやすい環境など女性が求める環境を整えた企業を扱っています。ユーザー満足度も80%と非常に高評価です。

4. パソナキャリア

パソナキャリアは全年齢の女性に特化した転職エージェントのため、40代女性にもおすすめです。求人の質やサービスの充実度などの利用者満足度は非常に高く、きめ細やかなヒヤリングや面接対策が好評です。

転職者1人に対して2人のアドバイザーがつくため、さまざまな視点のアドバイスを受けながら転職活動ができるでしょう。

5. リブズ

リブズは会員制の転職エージェントで、女性のキャリアアップを得意としています。 女性のライフステージの変化にも対応した好条件の求人を数多く保有しており、楽天や資生堂などの有名企業も利用しているのが特徴です。

出産や子育てによりブランクがある女性が仕事復帰する際に利用するのにもおすすめで、紹介企業は年収400万円以上に厳選されています。 会員制のため非公開求人も多く、他社では紹介されなかった優良企業に出会える可能性も高いでしょう。

女性の転職におすすめの転職エージェントの選び方&活用方法

履歴書

女性が転職エージェントを利用する際に、どのようなことに気をつけて選んだらいいのでしょうか。ここでは転職エージェントの選び方と効率の良い活用法についてご紹介します。

女性向けの求人数が豊富か

転職するのであれば、女性が働きやすい環境が整っている企業にすべきです。女性の管理職登用実績があり、産休・育休の取得率が高い企業の求人などが豊富な転職エージェントを選ぶといいでしょう。

健康経営優良法人に認定されている企業は高確率で女性が働きやすい環境を整えています。紹介求人の中に健康経営優良法人認定企業があるかを確認するといいでしょう。

女性のアドバイザー多い転職エージェントを選ぶ

男性アドバイザーには言いにくい相談も、女性アドバイザーの方が打ち明けやすいでしょう。絶対に妥協したくない条件があっても、男性アドバイザーに相談できなかった場合、希望の求人に出会える可能性は低くなります。

また、女性アドバイザーであれば女性が望む企業の特徴をある程度把握しているため、紹介求人も好条件なものが多いでしょう。

転職エージェントを複数利用する

複数利用することでより希望にあった求人に出会える可能性があるため、3~4社は同時進行で利用するといいでしょう。転職エージェントは費用がかからず、完全無料で利用できるため、納得のいく転職活動にするために最大限活用することをおすすめします。

転職サイトと併用する

転職エージェントだけでは満足できる求人に出会えない可能性があります。転職サイトも併用することで、求める条件が揃った求人を見つけやすいでしょう。

また転職エージェントに紹介された求人に満足できなくても、公開求人の全体情報を知ることで転職エージェントに紹介された非公開求人の良さが分かることもあります。

転職エージェントを利用する際の注意点

注意マーク

転職エージェントを利用する際はどのようなことに注意すべきでしょうか。ここでは転職エージェントを利用するデメリットについてご紹介します。

希望求人に応募できない

転職エージェントの顧客は企業であり、より企業の希望に沿った転職者を紹介することが第一前提です。企業からは、「優秀な転職者を紹介してもらえる」という信用を得ることが大切なため、求人応募の段階で転職エージェント会社内で選考を行っています。

そのため、企業の採用基準に満たない場合は応募させてもらえない可能性があります。

担当者との相性がある

転職エージェントによって、スキルが不足していたり、性格的な問題があったりと相性が合わないことがあります。新人で経験があまりないエージェントが担当になった場合、満足のいく求人を紹介してもらえない可能性もあるでしょう。

また、態度が高圧的だったりヒアリングが足りず、満足に相談できずに不安を抱えたまま転職活動をする人がいることも事実です。転職エージェントの担当は変更できるため、相性が悪いと感じたらすぐに変更しましょう。

転職活動を通して働きやすい環境を手に入れる

転職活動は今の労働環境を良くしたり、理想の働き方を見つけるためにするものです。転職エージェントは転職のプロであり、妥協せず好条件な職場を求めるのに積極的に活用すべきです。不安なことは相談し、今後のために有意義な転職活動にしましょう。

関連マガジン

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。