• 健康経営
  • 2022.08.07

株式会社七十七銀行とはどんな企業?健康経営と社会貢献の取り組みをご紹介します

リボンスカーフをつけたビジネスウーマン
目次

株式会社七十七(しちじゅうしち)銀行は、2021年度に健康経営優良法人ホワイト500に認定された地方銀行です。またさまざまな社会貢献活動も行っています。この記事では、健康経営宣言に基づいた取り組みや社会貢献活動をご紹介します。

株式会社七十七銀行について

生活に欠かせない銀行

 ここでは株式会社七十七銀行の会社概要・企業理念・提供サービスを紹介します。

会社概要

株式会社七十七銀行は、1878年に創業されました。1872年に制定された国立銀行条例による、第七十七番目の国立銀行が前身であるため、銀行名にもその名残りがあります。

宮城県仙台市青葉区に本店があり、現在の拠点数は本支店137・出張所6の合計143拠点です。

2021年9月30日現在の従業員数は2,673人、総資産10兆6,660億円となっています。

行是

行是(こうぜ)とは、銀行の経営方針のことです。
株式会社七十七銀行の行是は、以下の3つとなります。

  • 奉仕の精神の高揚
  • 信用の向上
  • 和協の精神の涵養

提供サービス

株式会社七十七銀行の主な提供サービスは以下のとおりです。

  • 口座開設
  • 各種ローン
  • 投資信託
  • 金融商品仲介
  • 生命保険商品
  • 損害保険商品
  • 確定拠出年金

またインターネット上でのサービス利用も可能で、手軽に取引できる「七十七銀行アプリ」もあります。

健康経営の推進

Health Status 健康状態

株式会社七十七銀行の健康経営は、人事部が中心となり、健康保険組合や産業医、保健師などの専門職が連携して取り組んでいます。

2021年度に健康経営優良法人ホワイト500に認定され、2022年度には健康経営優良法人大規模法人部門に認定されました。

健康経営宣言の策定

株式会社七十七銀行は、2018年12月に健康経営宣言を策定しました。宣言では、「従業員の心身両面の健康保持・増進が地域への貢献及び当行の持続的な成長のために重要な背景である」と述べています。

健康管理対策の強化

健康管理対策として、定期健康診断等の完全実施と制度の充実が挙げられます。

定期健康診断の受診率は、2018年度から2020年度まで3年連続100%です。

現在は、精密検査受診率と特定保健指導実施率の向上に努めています。精密検査受診率の推移は、 2018年度88.7%・2019年度90.5%・2020年度90.4%です。特定保健指導実施率の推移は、2018年度52.4%・2019年度32.9%・2020年度38.0%となっています。

職場環境の改善

受動喫煙対策への取り組み強化として、敷地内全面禁煙をすすめています。加えて、総労働時間短縮に向けた取り組みも強化中です。総労働時間短縮は、健康経営のみならず、ワークライフバランス推進施策でもあります。

健康管理に対する従業員の意識啓蒙

健康経営推進のためには、従業員1人1人の意識改革も必要です。そのための施策として、ストレスチェックやメンタルヘルスセミナーを実施しております。ストレスチェックの結果は、職場環境改善の基準になります。

さまざまな社会貢献活動

ヘルプ・サポート

株式会社七十七銀行の取り組みは、銀行内だけにとどまりません。地域との交流も積極的に行い、さまざまな社会貢献活動を行っています。

地域との交流

地域のお祭りへの参加・店内ロビーを開放しての展示会の実施・子ども110番の家活動を行っています。

環境問題への取り組み

森林保全活動として、2018年9月に仙台市内で苗木1,000本の植樹を行いました。植樹地は継続して管理中です。

金融商品を通じた環境保全活動及び、毎年7月7日に「クールアース・デイ」を実施することで環境問題に取り組んでおります。

また2017年には、水素エネルギー利用推進のため燃料電池車を2台導入しました。これ以降も、営業車両購入時は温室効果ガス削減のため、ハイブリッド車を選択しております。

金融教育支援

2009年度から、全国高校生金融経済クイズ選手権・「エコノミクス甲子園」宮城県大会を実施しています。

2011年度から、東北学院大学経営学部において「七十七銀行提供講座」を継続実施中です。

また2014年度からは、仙台市が開設した就業体験施設で体験型教育プログラムを開始しました。対象は仙台市立小学校の5年生と6年生です。

本店4階には、七十七銀行金融資料館が開設されており、お金や銀行の歴史、宮城県や日本の経済について学べます。

文化活動への後援

主な文化活動は以下のとおりです。

  • チャリティーコンサート「七十七スターライトシンフォニー 」
  • 七十七ふれあいコンサート
  • 各種文化活動への協賛

協賛対象は、宮城県芸術祭・全東北ピアノコンクール・仙台七夕花火祭などがあります。

スポーツの振興

地元プロスポーツチームのスポンサーとして、活動を支援しております。

また現在、硬式野球部・陸上部・バドミントン部の3つが活動中です。社会人スポーツの活動だけではなく、幼稚園や小中学校への技術指導も行っています。

社会福祉への貢献

1994年に、「七十七愛の募金会」が設立されました。2020年度には、総額約330万円を寄付しております。

毎年企業献血を実施しており、2020年度の献血者は172名です。

そのほかにも、交通安全協力会・小さな親切運動・AEDの設置(14営業店)など社会福祉への貢献をすすめています。

今回は、株式会社七十七銀行における健康経営や社会貢献に関する取り組みを紹介しました。健康経営を進めることで、従業員の健康管理だけにとどまらず、企業価値の向上を目指しています。

また、さまざまな社会貢献活動で地域住民との交流を図ることで、地方銀行としての価値を高めているでしょう。

「地域に貢献した仕事をしたい」と考えている人の選択肢としても、おすすめの企業です。

関連マガジン

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。