• 就職/転職
  • 2020.11.20

仕事が評価されないと悩んでいる方へ。理由や評価される人の行動を解説

目次

仕事で評価されない理由その①

仕事 悩み 「仕事で評価されない」と悩んだ経験のある方は多いのではないでしょうか?その理由は様々です。1つ1つ見ていきましょう。

仕事はできても周囲に迷惑をかけているから

たとえ仕事のできる人であっても、周囲に迷惑をかける人ならせっかくの評価に影響が出ることもあります。たとえば、あなたの会社に仕事は速く完璧でも、人のプライベートを根掘り葉掘り聞きだしたうえ執拗に干渉してくる人がいればどうでしょうか。その人に対する評価は、どちらかと言えば下がってしまうことでしょう。ほかにも、機嫌の悪さを露骨に出したり、人の悪口を言っていたりするなど、評価が上がりにくい行動はあります。

また、仕事ができることを鼻に掛けたり、できない人を見下したりしているのも問題です。謙虚さがないと、人から好かれません。嫌われた結果、周囲になじむことができなくなるのです。信頼されていない人に責任のある役職を任せる会社はありませんから、今後のキャリアアップに響きます。

あなたに対する期待が大きいから

あなたの経歴を見て、はじめから期待が膨らむケースがあります。期待されるのは嬉しいこと。その反面、結果を出せなければ評価に繋がりにくいわけです。たとえば、いかにも不良のような見た目の若者が率先して困っている人を助けていれば、評価が高まります。最初は悪いイメージで、期待値が低かったからですね。

周囲が勝手に期待を膨らませているので、あなただけが問題ではありません。しかし、はじめから期待が大きければイメージ通りの行動をすることが困難になるのです。

自分の評価の基準が主観でしかないから

あなたは、「仕事を頑張っているのに評価されない!」と戸惑っていることと思います。しかし、自分の仕事を頑張っている、評価されないと感じているのはあなた自身なのです。仕事を頑張っていると思っていても、周りにはもっと努力している人がいるかもしれません。

あなたよりもコツコツ努力を積み重ねて、結果を出している人がいるかもしれないのです。そのため、みんなが「あなたの仕事ぶりは評価に値する」と感じられる理由を上げるのは難しいのですね。周囲の人も、あなたも、1番可愛いのは自分自身。評価を再考する機会ができたとしても、皆自分のことを考えることでしょう。

また、仕事には求められるゴールがあります。たとえば、あなたが上司からチームリーダーになって部署のメンバーを率いる存在になって欲しいと考えているとしましょう。しかし、あなたはメンバーのことにまで気が回らず自分の仕事のみに集中していた場合、上司からは仕事ができる人に見えません。求められるポイントが理解できていないことも、評価されない理由の1つです。

正確に数字を出して測れないから

従業員がどれだけ仕事で頑張ったかというのは、基本的に数値化されるものではありません。ミスがなければいい仕事は、営業職のように成果を数字で測る機会がないのです。そのため、部署全体の成績や人間同士の好き嫌いで判断されることが多くあります。

数字で仕事の評価をしっかりしてもらった方がモチベーションの上がる方は、営業の仕事に挑戦するのも1つの選択です。ノルマのある飛び込み営業などでは、いかに売り上げに繋がるかを日々考えて過ごしています。

仕事で評価されない理由その②

仕事 評価されない 仕事で評価されない理由には、様々なことがあります。あなた個人が原因となっていることもあれば、会社側が原因のこともあるのです。ここでは、主に会社側の理由について解説しましょう。

会社の評価体制が難しい場合

あなたの評価をする人が、会社に複数人いる場合は評価が低くなりやすいです。評価を上げた人と下げた人、2人がいれば譲歩案として少し低く設定するからですね。あなたから見ても、評価する人が複数人いればどう立ち回ればいいのか分からなくなります。仕事ぶりをよく知っている人だけにアピールすれば良いわけではないので、難しい問題です。

全体のモチベーションが低い場合

評価が上がらない理由の1つに、会社全体のモチベーションが低いことが挙げられます。従業員のことを考えて行動している会社は、モチベーションの維持も配慮した取り組みをおこなっているのです。

たとえば、個人の高い評価を全体に公表し、やる気に繋げている会社があります。その結果、会社全体のモチベーションが高まり、多くの従業員が生き生きと働ける環境になるのです。逆に、頑張っても評価に繋がらなければ全体のモチベーションは下がります。つまり、全体のモチベーションが低い会社は、従業員の評価をきちんとしていない会社かもしれないのです。

部門同士が対立している場合

部門同士が対立している場合、お互いの評価が下がります。たとえば、お客さまの満足度を重視している部門と、なるべくコストカットをしたいと考えている部門。本当なら、従業員同士が協力し合って業績を上げるのが理想です。

しかし、このように部門同士の対立はよくあること。これでは組織としてのまとまりがなくなるので、生産性が下がることに繋がります。部門同士が対立している状況では、お互いが足かせとなり両方の評価が下がるのです。

会社が従業員を正しく評価するつもりがない場合

仕事で評価されると、給料が上がったり昇進したりします。パフォーマンスもスキルも持っている従業員に対して何もないのは、会社が正しく評価するつもりがないからということも。もともと従業員を使い捨てだと考えている「ブラック企業」や、人件費が足りない会社などがあります。

会社の業績が悪化していれば、従業員が仕事を頑張っても給料は上がらないのです。仕事に対してやりがいを重視している人は、昇給を求めないかもしれません。しかし、昇給がモチベーションに繋がる人も多いです。

仕事で評価されるのはどんな人か

仕事 悩み 仕事で評価される人は、どのような人なのでしょうか。評価される人の行動から学びましょう。

評価されたい相手を認められるかどうか

仕事で評価されたいとはつまり、上司に自分の仕事ぶりを評価されたいということです。そのためには、まず評価されたい相手のことを認める必要があります。考えて欲しいのですが、「どうも、この部下には信用されていないな。」と感じる部下のことを評価したいと考えるでしょうか。やっぱり、自分のことを信用してくれる部下を評価したいと考えるでしょう。

たとえば、上司から仕事を頼まれたときに自信がなさそうな部下より、快く引き受けられる部下は出世しやすいです。上司から見ても頼りがいがありますし、自分のことを認めてくれると感じられるからですね。

仕事に対して積極的になるメリットは、これだけではありません。上司とコミュニケーションをする機会ができます。お互いが快適にコミュニケーションを取れるようになれば、仕事を依頼するきっかけにもなるので評価に繋がるのです。

評価されたい相手を認めるには、上司の話に関心を持ったり仕事での悩み相談をしたりします。あなたは、自分の話に対して最初から否定ばかりする人に嫌悪感を抱いた経験がありませんか?人間は、自分の話を聞いてくれる人に対して親しみを覚えるのです。悩みの相談をするときも、上司に弱みを見せないのではなくときには欠点を打ち明けてみてください。欠点を打ち明けることで、より自分のことを認めてくれたと感じやすいです。

自分の見せ方をコントロールできるかどうか

仕事で成功する人の多くは、自分は周囲からどのように見られているのか?ということを考えています。たとえ、仕事内容は同じでも評価が違うのは、自分の見せ方を自分自身で操作できるかどうかです。自分のことを客観的に見られるといいうわけですね。商談や会議など、状況に応じた話し方や表情、立ち居振る舞いなど全てにおいて考えながら行動しています。たとえば、「本当は趣味ではないが、今度行くライブに合わせてロック系のファッションをする」ことも自分の演出の1つです。

仕事の場合なら、「普段はラフなファッションが好みだが、大事な商談のためにきちんとしたイメージになりたい」ということになります。

大事なシーンで自分の見せ方をコントロールし、信用されたり説得力があったりするような立ち居振る舞いをしているのです。

周囲の手助けがあることを感じ取れるかどうか

あなた1人で仕事をしているわけではないことは、分かりますよね。あなたのところにその業務が来るまでに、様々な人が動いています。前の人の仕事に興味がない人と、そこまで気づいてお礼を言える人、どちらが上司や周囲から評価されやすいと思いますか。やっぱり、後者の方が周囲から信頼されます。

周囲の手助けがあることに興味がない人は、自分自身も助けてもらえませんし信頼もされません。それ以前に、仕事の全体像を把握していないので実績にも繋がらないのです。

仕事量が多すぎて悩んでいる方は、以下のコラムも参考にしてください。キャパオーバーで起こる悪影響や、具体的な仕事の効率化について解説しています。スケジュール管理が苦手な人もご覧ください。

おすすめコンテンツ
  仕事量が多すぎるときに起こる悪影響とは。対策や効率化を考える

仕事で評価されない。転職を考えるときとは?

仕事 転職 自分自身の努力では、どうにもできないこともあるでしょう。ここでは、転職を考えた方が良い場合について紹介いたします。

評価制度に問題がある場合は転職も視野に入れる

仕事を頑張ってもなかなか評価されないから転職しようか、と悩んだ人は多いことでしょう。しかし、自分の甘えなのかほんとうに転職した方がいいのかでまた悩んだ人もいますよね。

結論から申し上げますと、会社の評価制度に問題があるのなら転職するのがおすすめです。なぜなら、その環境で仕事を頑張り続けても評価に繋がらないからですね。不満のある会社に残って、評価制度を変えようとしても大変困難です。そのため、評価制度に問題を持った場合は転職を視野に入れてください。

1つ、気をつけたいポイントがあります。評価制度を変えようとしても困難だとお伝えしましたが、1度は改善に向けて行動を起こしてください。あなたの行動によって、改善されることもあります。転職するときには、面接官が納得するような説明が大切です。

納得するような説明とは、たとえば具体的に改善に向けて行動をしたかどうかがあります。転職した理由で「具体的にこのような行動を起こしたが、改善されなかった。だから、評価制度がはっきりしている会社に入社して成長したい」と説明できれば、良い印象にもなるのです。

評価制度に疑問を持った場合も転職がおすすめ

あなた自身が、会社の評価制度に疑問を持った場合も転職がおすすめです。先ほど紹介した、評価する人が複数いる例も疑問にもつ方が多いのではないでしょうか。この場合も、今後の評価に繋がらないので転職を視野に入れましょう。

会社の評価制度は、経営理念が写し出されるものです。そのため、会社の評価制度に疑問を持つというのは経営理念に疑問を持つのと同様のこと。会社の経営理念に疑問を持ったままだと、不満が積み重なってやる気が出にくくなります。それは、仕事の質にも繋がるのです。

ただ、評価制度を少し見ただけで、自分に向いていない会社だと判断するのはおすすめしません。評価は、様々な角度からおこなわれるからです。会社の方針や考え方を改めて見直し、求めている人材を理解してから決めてください。

このように、転職をするか否かを考えるときは、その会社に残って改善の余地があるかどうかをまず考えるようにしましょう。そうすることで、あなた自身も「できることはやった」と納得がいきますし、面接官が納得できる転職理由にもなるのです。

転職時には健康経営の取り組みを確認しよう

健康 仕事で評価されない原因の1つに、全体のモチベーションが低いケースがあるとお伝えしました。健康経営に取り組む会社の中には、従業員のモチベーションも会社の生産性に関わるとし、ユニークな制度を取り入れるところがあります。

サイボウズ株式会社では、生産性のほかにも個人の幸福度を重視しているのです。給与評価に従業員個人の意見を取り入れています。給与は、多くの方にとってモチベーションの維持に大事な部分ですよね。その部分に、個人の意見を聞いてくれるのはモチベーション向上に繋がるでしょう。

同じくサイボウズ株式会社では、大人の体験入部といい他部門の体験が可能な制度があるのです。正直なところ、他部門の内情は異動などで入ってみないと分からないことがありますよね。ここでは、なんと海外を含む全部の部門に希望を出せるのです。「1度経験してみる」ことができるだけで、環境の変化に不安な方でもずいぶん気持ちが楽になりますよね。

2009年から設置した「仕事Bar」では、肩の力を抜いた雰囲気のなかで真面目な仕事の話をする空間を設けました。仕事の話をする、と気合いが入るとどうしても堅苦しくなる人もいると思います。しかし、リラックスした雰囲気を作ることで本音が話しやすい場となるでしょう。

株式会社タレントアンドアセスメントでは、デスクワークばかりしている従業員のために週1回、ヨガの時間を作りました。適度に運動をすることは、集中力の向上に役立つので結果的に生産性の向上に繋がるのです。ランチの時間にウォーキングをすることを推奨し、従業員の健康を気遣っています。

エブリ株式会社では、ワークライフバランスを考慮し有給休暇の取りやすい環境を作っています。2015年では、有給休暇の平均取得日数が7.2日だったのが、2019年度には10.3日となりました。また、女性社員の比率も2016年当時は17.0%でしたが2020年には22.3%に向上しています。

参照:エブリ株式会社 

健康経営に取り組んでいる会社では、自社の取り組みを公表しているケースが多いです。そのため、健康経営の取り組みを確認して、本当に従業員のことを考えている会社か?不公平な評価をしないか?を見極めるのもいいのでは、と思います。

まとめ

仕事で評価されない原因は、会社側と自分側に分かれるのですね。そのため、一概に個人の甘えというわけではないのです。大事なのは、1度は改善のために動くこと。会社の評価に疑問がある場合でも、評価する人とのコミュニケーションを図るなどして改善を試みてください。

改善の余地が無いようであれば、転職を考えれば良いのです。選択肢は1つではないことが分かったら、視野も広がり心に余裕が出てくることと思います。

関連コラム

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。