• 就職/転職
  • 2022.01.07

Iターン転職とは?地方で生活するメリットとデメリットについて

目次

地方で自分らしさを見つけよう

Iターン転職 やり方都市部では、新しい商業施設や娯楽施設が誕生し続け、より便利な環境になっています。
しかし都市部で生活する人の中には、都市部特有の「疲れ」や「息苦しさ」を感じ、精神的な不調で退職する人が増えているのです。

こうした時代の中で、地方で生活をするという新しい選択肢が注目されており、こうした動きのことを「Iターン現象」といいます。
今回はIターンにスポットライトを当て、なぜ注目されているのか、メリットは何か解説します。

関連コラム

Iターン転職とは?

Iターン転職 結婚ここからはIターン転職の概要とその他の転職活動との相違点を解説します。

概要

Iターン転職とは、「大都市出身の人が地元の企業に就職した後、地方の企業に転職する」ことを指します。
大都市出身の人が学生期間を終え、新卒で地方の企業に就職することを、Iターン現象の就職といい、Iターンとは生まれ育った地域よりも規模の小さい地方に出ることを表す言葉です。

Iターン転職の例

「東京」生まれ→「東京」の大学卒業→「東京」の企業に就職→「静岡」の企業に転職

Iターン転職をする人は、地方の暮らしへの憧れや、都会での暮らしが疲れてしまい、落ち着いた生活を送る目的があります。
近年ではIターン転職が注目されつつあり、求人サイトや転職エージェントサイトで「Iターン転職」を特集しているサービスも存在します。

Uターン・Jターン転職との違い

Iターン転職以外にも、「Uターン転職」や「Jターン転職」などの言葉があります。
Uターン転職とは、「地方出身者が大都市に就職し、再び地元の企業に転職する」ことを指します。

就職のために上京し、東京の企業に就職した後、地元の企業に転職するケースがUターン転職です。
Uターン転職をする人は、都会の暮らしが合わず、生まれ育った環境に戻りたい人が取る転職手段です。

またJターン転職とは、「地方出身者が大都市に就職した後、故郷に近い地方都市の企業に転職する」ことをいいます。
例えば、「北海道の田舎で育ち、一度東京の企業に就職し、札幌の企業に再就職する」などがJターン転職の例です。

Jターン転職をする人は、子育てのために少し落ち着いた場所で、自然も豊かな環境を好む傾向にあります。
コロナ禍でリモートワークが普及した日本では、東京付近で生活しなければいけないという固定観念が少し薄まってきており、故郷に戻る選択肢が注目され始めています。

Iターン転職のメリット

Iターン転職 後悔ここからは、Iターン転職を選択した場合に得られるメリットをご紹介します。

満員電車に乗る機会が減る

大都市の企業に就職すると、避けられないものとして満員電車があります。
都会で生まれ育った人は、子供の頃から満員電車を経験していると思いますが、就職してから毎日満員電車に乗るのはまたひとつ違ったストレスがかかります。

しかし地方の企業に就職した場合、首都圏よりも満員電車に乗る機会が減る可能性が高く、ストレスを抑えながら働けるでしょう。

物価・地価が安い

大都市と地方で異なるポイントとして、物価と地価の違いがあります。
ひとり暮らしをしながら大都市の企業で働く場合、家を借りるのに高額な家賃の支払いは避けられません。

また食費や交際費にもお金がかかり、大都市で働く場合は貯金をすることが困難と言えます。
一方、地方での生活の場合、物価と賃貸物件にかかる費用は大都市よりも低く、生活に必要なお金を抑えながら生活できるでしょう。

ライフワークバランスが保てる

大都市の場合、会社の近くに住みたくても家賃が高く、仕方なく会社から遠い場所に住んでいる人も多いのではないでしょうか。
しかし、地方では地価が安くなることで、会社の近くに住みやすくなります。

会社近くに住むことで、通勤時間の短縮につながり仕事終わりに好きなことに時間が使え、ワークライフバランスを保ちながら生活できるでしょう。

子育てがしやすい

近年では、東京を中心とした都市部にて待機児童問題が深刻化しています。
子供が生まれ、働きながら子育てをしたくても子供を預けられる保育施設が見つからず、職場復帰できない状態に陥っているのです。

一方、地方では都市部ほど待機児童問題が深刻になっておらず、割と早い段階で職場復帰でき、共働きが実現しやすい環境にあるでしょう。
また、都市部では車の通りが多く、子育てに苦労している親も多いようです。

地方では、交通量も都市部ほどではなく、自然豊かな場所も多いので子育てに向いた環境と言えるでしょう。

Iターン転職のデメリット

Iターン転職 志望動機次にIターン転職に伴うデメリット・弊害について解説します。

地方の生活に慣れる必要がある

都市部で生まれ育った人は、便利な生活に慣れており、なんでも手に入る生活が身についていると言えます。
しかし地方での生活では、都市部ほどの利便性はなく、生活に慣れる必要があるでしょう。

特にコロナ禍で利用する人が増加した食事配達サービスは、地方で利用できる店舗や時間が限られることがあります。
就職先の選択の際に、その地域の特徴や生活スタイル、利便性を確認してから応募しましょう。

趣味によっては実行できないことがある

都市部の生活で身についた趣味・娯楽は地方で実現できない可能性があります。
インターネットショッピングが普及し、いつでもどこでも買い物ができる環境になったものの、実際の店舗での買い物は都市部よりかは限られてしまうでしょう。

自身の趣味が転職先の地域で実現できるのかを確認しておくのも重要です。

経験スキルが活かせるか確認する必要がある

地方の企業では、働き方や仕事の仕方が異なる場合があります。
事業が対象としている市場規模の違いや、顧客数の違いによって、地方では少人数の従業員で事業活動をしている企業も少なくありません。

よって都市部で担っていた専門的な業務だけではなく、その他の幅広い業務を担当することもあります。
例えば、「都市部ではデータ収集・分析を専門的にやっていた人が、地方で営業を兼務する」ケースもあります。

地方企業は分業が進んでいないこともあるので、どういった業務を担当するのかをしっかり確認する必要があるでしょう。

Iターン転職が向いている人の特徴

Iターン転職 自由ここからはIターン転職が向いている人の特徴をご紹介します。
都市部での生活に疲れ始めている人は、自身が以下の内容が当てはまるか確認してみてください。

仕事とプライベートの充実を望む人

地方での生活は、都市部での生活よりも仕事とプライベートの充実が実現しやすいでしょう。
近年では、働き方改革でライフワークバランスを重要しする企業が増加傾向にありますが、都市部での生活は、まだまだ進んでいないのが現状です。

仕事もプライベートも充実させたいと思っている方は、地方の企業で落ち着いた生活を送ってみてはいかがでしょうか。

ゆっくり子育てしたい人

子供を落ち着いた環境で、ゆっくりと育てたい方は地方での生活が向いているかもしれません。
コロナ禍で顕在化したのが、感染症や風邪の流行は都市部の方が危険であることです。

1日の新型コロナウイルス感染者数が都市部で爆発的な数字になったこと記憶に新しいのではないでしょうか。

地方では、都市部よりも感染症のリスクが少なく、安心して子育てができます。
また、地方の方が自然豊かであったり、遊べる公園の広かったりするので、そういった環境で子育てをしたい方は向いていると言えます。

Iターン転職におすすめの地域・物件とは?

Iターン転職 農業ここからはIターン就職・転職で人気が集まっている地域と物件をご紹介します。

おすすめの地域

まずはおすすめの地域についてです。
人気の理由やその地域で生活するメリットもご紹介します。

静岡県

Iターン就職・転職におすすめの地域としてかなり注目されているのが静岡県です。
注目されている理由は、東京や関西の都市部のちょうど中間に位置しており、都市部へのアクセルがしやすい点が挙げられます。

新幹線が停まる駅が6つあり、東京へは約1時間、大阪へは1時間半程度で行けるのが魅力です。

また、静岡県は山と海に囲まれており、自然豊かであるのも人気が高い理由と言えます。
静岡県は温暖な気候であることもあり、都市部から離れたことのない人が初めて暮らす地方として大変おすすめの場所です。

和歌山県

和歌山県も海と山に囲まれており、自然を堪能できる地域として人気の高い地域です。
近くには大阪や京都などの都市部があり、田舎暮らしを経験しつつも利便性の高い生活が遅れるのも魅力です。

また和歌山県では、「わかやま子育て支援パスポート事業」という政策が行われており、子供がいる世帯は協賛店舗で特別優待サービスや割引サービスを受けられます。
自然が豊かでのんびりと子育てしたい方にはかなりおすすめです。

長野県

日本でもトップレベルの自然環境が整った場所で、移住希望先として人気の高いのが長野県です。
移住希望地ランキングで長い期間上位に選ばれていることもあり、移住者が受けられる子育て支援や住宅支援制度が豊富に備わっています。

また、観光業をはじめ、製造業やものづくり産業が盛んで、Iターン就職・転職先が見つかりやすい環境でもあります。
自然に触れたい方や移住先でも安定した生活を送りたい方は長野県がおすすめです。

おすすめの物件

次にIターン就職・転職でおすすめの物件についてご紹介します。

空き家バンク物件

空き家バンクという制度をご存じでしょうか?
これは空き家を保有している人が賃貸や売却を希望している場合、空き家に住みたいと思う人を紹介する制度です。

もともと不要になった空き家を提供することがあり、また空き家バンクを運営している組織が営利を目的としていないため、安く物件を借りる・購入できます。
少しでも住む場所にお金を抑えたい方は、自治体のホームページから空き家情報を調べてみましょう。

シェアハウス物件

家庭を持っておらず、ひとりで地方に移る場合は、シェアハウスで生活するのもおすすめです。
借りるのに費用を抑えられるだけではなく、その地域の知り合いもつくることにも効果的です。

今までとは違う新しい生活を望む方はシェアハウスでの生活が向いているかもしれません。

職場の人におすすめしてもらった地域の物件

実際に会社に入った後におすすめの地域を紹介してもらい、その地域で物件を探してみるのもいいでしょう。
その地域の特性や利便性がよくわかっていないまま物件を選んでしまうと、住み始めてから不便に感じることも見つかる可能性があります。

その地域に慣れている人から情報を聞き、住みやすい場所を選ぶ方がより充実した生活になるでしょう。

まとめ

Iターン転職 面接今回はIターン転職に焦点を当て、都市部から地方に移って仕事をすることについて解説しました。
都市部で生まれ育った人の多くは、そのまま地元の企業に就職するのが一般的ですが、あえて地方で仕事をするのも選択肢のひとつかもしれません。

地方でしか経験できないこと、得られるメリットがあり、人によっては地方の生活の方が向いている場合があります。
都市部での生活に疲れを感じている方は、地方で暮らすことを一度検討してみてはいかがでしょうか。


関連コラム

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。