• 就職/転職
  • 2021.09.30

転職が当たり前になった時代の仕事の選び方とは?注目ポイントを解説

目次

人生を大きく左右する仕事選びについて

仕事 選び方皆さんは仕事を選ぶときに何を優先しますか?
仕事内容ややりがい、ワークライフバランスなど優先すべき項目はいくつかありますが、もし自身の中で優先したいことがあったとしても、イメージ通りに就職するのは簡単なことではありません。
さらに、仕事選びは人生を大きく左右しますし、深く考えれば考えるほど、余計に就職先を決められないのではないでしょうか。
新卒採用時と転職時では、仕事選びに関する考え方や求めることが異なるかもしれませんが、いかなる立場・環境下においても大切にしなければいけない考え方があります。
今回この記事では、仕事・就職先を選択する上で大切な考え方や気を付けるべきポイントをわかりやすく説明します。
現在仕事を選んでいる方はぜひ最後まで読んでみてください。

自身の優先順位を把握する

仕事 働きやすさ実際に仕事を探す方は、以下のような項目を基準として、自身にとって何が大切なのか判断しています。

給料

自身が送りたい生活スタイルがはっきりと決まっている方は、どれくらいの給料が必要かある程度把握できます。
募集要項に受け取れる給料が明記されています。

仕事内容

取り扱う業務の中身を指します。
募集要項には業務内容が必ず書かれています。

勤務地

家族がいて、転勤をできれば避けたい方は、勤務地を重要視します。
企業が拠点を置く場所や、転勤を伴う業務があるか確認しましょう。

ワークライフバランス

仕事人間ではなく、プライベートも充実させたいという考え方です。
ワークライフバランスを重要としている方は、フレックス制度やテレワークが導入されているかをチェックしましょう。

やりがい

仕事に対してやりがいを感じられるか、また仕事を通じて誰かの役に立てるのかを重視する考えです。
仕事内容や誰のためになる仕事かを見極めましょう。

福利厚生

特に近年では福利厚生として健康経営に取り組む企業が多く、社員の健康を重視する会社が高い注目を受けています。

仕事選びに重要な2つの考え方

ワークライフバランス とは上記で優先順位をつけるときの項目について紹介しましたが、優先したいことが数多くあり、ひとつにまとめられない方もいるのではないでしょうか。
そういった方でも仕事選びをさらにシンプルに考える方法があります。
皆さんは、「好きなことを仕事にする」か、「できることを仕事にする」の2択で質問されたらどちらを選びますか?
どちらも正解・不正解はなく、自分に合った仕事選びができるように、この2つの考え方について紹介します。

好きなことを仕事にする

ほとんどの方が、好きなことを仕事にしたいと考えているのではないでしょうか?
自分の好きなことでなければ仕事に注ぐ力や情熱は生まれないと考えるのは当たり前の考え方で、あの有名なAppleの創業者スティーブジョブズも「好きなことを仕事にする」を第一に生きた人でも有名で、好きなことを仕事にした人物です。
しかし、好きなことを仕事にできるかどうかは別で、好きだけで決めるのは回避すべきでしょう。
自分の得意な職種でも、自分のスキルが最大限発揮できる環境かを考える必要があります。

できることを仕事にする

好きな仕事であってもスキルがなければ仕事にやりがいは感じられません。
仕事をする上で、しっかりと結果を出せて周りから認められることで仕事に情熱を注げると考えることも決して間違いではないでしょう。
できることを仕事にしたいと感じる方は、自分が自信を持てる分野・職種で仕事を探してみてください。
できる仕事を選ぶ上で気を付けなければいけないことは、自信を持てる分野が自分で「できる」と思っているか、周りの人が「できる」と認めてくれるかを区別することです。
得意な分野を見つける時は、周りが認めてくれる分野にすることをおすすめします。
自分自身でできていると思っていても、周りからの評価は異なる場合があり、十分注意が必要です。

仕事選びで大切なこと

仕事選び ポイントここからは、仕事選びで失敗しないために大切なことをまとめていきます。

分析と比較を徹底する

自分に合った仕事・会社にめぐり合うためには、自分自身の素直な気持ちと向き合い、業界や会社などの徹底した分析が必要になります。
また分析した内容をしっかりと分析し、自身が望む職場環境なのか、スキルを最大限発揮できる環境かを判断しましょう。

業界について調べる

自分が興味を持っている、あるいは希望する業界を調べることで、業界特有の傾向を把握できます。
業界特有の傾向には、給料をはじめ残業の有無や残業時間、福利厚生があり、これらを把握することで、仕事選びの手助けをしてくれるでしょう。
例えば気になる企業が見つかり、ネットで調べていくうちに残業時間が長いと紹介されていた場合、「もしかしたらブラック企業なの?」と疑ってしまうかもしれません。
しかし、その企業に限って残業が多いのではなく、業界全体で起きている可能性もあります。
企業との出会いを無駄にしないためにも、業界をしっかりと把握は大切です。
また、業界特有の福利厚生があり、業界の特徴を持った社員待遇を導入している場合もあります。
プライベートも充実させたいと考えている方は、業界特有の福利厚生にも注目しましょう。

職種について調べる

業種を調べるときは、その業界の主な業務内容を理解することから始めましょう。
同じ業界のあらゆる企業の募集要項を見ると、業務内容の説明が異なる場合があります。
そういう場合は、実は同じ内容の業務なのに違う説明をしているかもしれませんし、本当に違う業務内容なのかもしれません。
職種調べを行わず、恐らく同じ業務内容であろうと思い込み、無事に採用されたとしてもイメージしていた業務内容と異なっている可能性もあります。

企業について調べる

仕事選びを行う上で企業調べが最も重要になります。
上記で述べたような業界と職種が同じでも、企業理念や社風で自分に合うかどうかが変わっていきます。
企業の会社概要や募集要項を見る時は、企業の企業理念と会社の特徴をしっかりと確認しましょう。
採用ページの企業理念や会社の特徴だけで自分に合う会社かどうか判断することは難しいものの、企業にとって最も重視していることが載っています。
例えば、企業理念で従業員の健康や働きやすさに言及している場合、その会社は顧客だけではなく、働く従業員も大切にする社風かもしれません。
募集要項と自身の考えに少しでも合う部分はないか、注視してください。
また、募集要項だけではなく、気になる企業の従業員目線の口コミサイトを確認することもおすすめします。
実際に働いている従業員がその企業のいいところ・悪いところを包み隠さず紹介しているため、参考にできるでしょう。

仕事選びで気を付けるべきポイント

働きやすい 職場ここからは仕事選びで避けるべき2つのポイントについて説明します。
自分自身の気持ちと向き合って、どういった仕事・会社が合っているのか判断できるようにしましょう。

給料だけで選ばない

特に現在会社員で、転職を考えている方に陥りやすいのが、給料だけで会社を選択してしまう事です。
今いる会社よりもいい給料であると魅力的な会社に見えてしまいがちですが、これだけで判断してしまうのは大変危険です。
給料が高い会社や業種には、必ず高いなりの理由があります。
例えば残業が多かったり、過酷な労働環境であったり、募集要項には見えてこないこともあるかもしれません。
気になる業界・企業が見つかったとしても、多くの企業の情報を確認し比較をしましょう。
給料の高い会社がよくない会社というわけではないため、給料が高くより自分にあった会社を見つけられるようにより多くの情報を収集しましょう。

やりたいだけで選ばない

これまでも述べてきたように、企業理念や社風で業務内容や職場環境は大きく異なります。
気になる業種であればどこの会社でもいいといった考えになるのではなく、より自分の考えにあった会社かどうかを精査する必要があります。
もし興味が持てる会社で働いている知り合いがいる方は、業務内容や働く環境について聞いてみましょう。
そういった知り合いがいない方は、先ほども紹介した、実際に働いている人による企業の口コミを紹介しているサイトを確認する、あるいは企業のイベントで職場を見られる機会がある場合は参加してみてください。

なんとなくで決めない

恐らくほとんどの方は、仕事をなんとなくで決めることはしないでしょう。
しかし「たまたま見つけた会社が面白そう」や「聞いたことがある会社」で仕事を選ぶとミスマッチが起こる可能性が高いと言えます。
募集要項に載っている情報と実際の働く環境が異なるケースは往々にしてありますし、顧客として見た企業のイメージと従業員になった立場で見るイメージが異なる場合もあります。
気になる企業が見つかったら、どうして気になるのか、他の企業にはない魅力なのかしっかりと精査する必要があるでしょう。
ただし、「この企業が気になる」や「魅力を感じる」といった感性はとても大事で、自身が好意的に感じるのには理由が必ず存在します。
その理由をしっかりと把握ができた上で、魅力に感じる会社は本当に自分に合った会社かもしれません。

まとめ

転職活動 成功今回は、仕事の選ぶ上で大切なこと・気を付けるべきポイントを紹介しました。
説明した内容を要約すると、仕事はしっかりと分析と比較を行った上で、自分自身と向き合って選択するのが大切です。
自分に合った会社を見つけるためには、より多くの情報を取得し、より多くの視点から比較を行う必要がありますが、これは簡単な事ではなく、かなりの時間と体力を使います。
しかし、仕事選びは人生を大きく左右する大事な選択で、どれだけの力を注げるかが重要です。
充実した人生のためにも今回紹介した内容に注意して仕事を選んでみてください。
この記事を読んだすべての方の、仕事選びが最高の選択になるよう心より祈っています。

関連コラム

問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。