過労死ライン

読み:かろうしらいん

働きすぎにより健康を害するリスクが高まるとする時間外労働時間を表す言葉を「過労死ライン」と呼びます。労働災害認定においては、労働と過労死に因果関係があったかどうかを判定するための目安にも用いられます。厚生労働省は、脳や心臓疾患による過労死の労災認定基準として、発症前1カ月間に約100時間、または発症前2~6カ月間に1カ月あたり約80時間を超える時間外労働(残業)があった場合に、過労死の危険性が高まり、業務と発症との関連性が強いとしている。

◆参考URL
過労死等防止特別サイト:厚生労働省 
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/karoushizero/index.html

用語集

「か行」関連コラム

「さ行」関連コラム

「た行」関連コラム

「は行」関連コラム

「や行」関連コラム

「ら行」関連コラム

「わ行」関連コラム

健康経営優良法人 認証企業をご紹介します
詳細画面では、企業単位の取組や認証の評価項目を見る事が出来ます。
問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。