society 5.0

読み:そさえてぃ 5.0

「Society 5.0(ソサエティ5.0)」について、内閣府では以下のように定義しています。
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)
狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。
わかりやすく言い換えると、情報が溢れている現在(Society 4.0)の課題に対してIoT(Internet of Things:モノのインターネット)で今までにない価値を生み出すことでこれらの課題や困難を克服します。またAI(Artificial Intelligence:人工知能)などの最新テクノロジーのロボットや自動走行車などの活用を推進し、これらの活用により最終的には少子高齢化・地域格差・貧富の差などの課題を解決し、一人ひとりが快適に暮らせる社会を実現することが「Society 5.0」の真の目的となります。便利な社会が「Society 5.0」というわけです。

◆参考URL
Society 5.0 :内閣府ホームページ
https://www.cao.go.jp/

用語集

「か行」関連コラム

「さ行」関連コラム

「た行」関連コラム

「は行」関連コラム

「や行」関連コラム

「ら行」関連コラム

「わ行」関連コラム

健康経営優良法人 認証企業をご紹介します
詳細画面では、企業単位の取組や認証の評価項目を見る事が出来ます。
問い合わせ
各種取材やサービスに関することなど、
お気軽に問い合わせください。